もっとたくさんのお店がある地域もありますけど、池袋も東京都を代表する大きな街。池袋のキャバクラも大小合わせれば数えるのが大変なくらいあり、まだよく池袋のキャバクラについて知らない人が、その中から1店舗を選ぶのはそれなりに苦労するはずです。
でも、だからこそ、キャバクラに行く前には確認しなければならないことがあるんです。大変だから、面倒だからと確認を怠れば、もしかしたら痛い目に遭ってしまうかもしれませんよ?

キャバクラの料金のしくみは知っておこう

まずは、やっぱりお店のシステムですよね。大まかなシステムは、どのお店も大差はありません。初めてお店を訪れる人は初回料金が適用されて、時間ごとに異なるセット料金があって、本指名料と場内指名料と同伴料金などが設定されていて、税金やサービス料も設けられている。もちろん、延長すれば延長料金がかかります。
とまあ、こんな感じのシステムになっているわけですが、キャバクラ未経験の人は必ずそれぞれがどのような仕組みになっているのかは確認しておきましょう。
お店に行ってから、「本指名って何?場内指名とどう違うの?」なんて疑問を持っているようでは、ぼったくり店に騙されてしまっても文句は言えませんよ。

それぞれの料金の額も必ず事前に確認しておくこと。お店のシステムは同じでも、金額はお店によってまるっきり違うことがあります。同じ池袋のキャバクラでも差がありますから、会計時に「こんなにかかると思わなかった…」と肩を落とさないよう、お店の利用時間(滞在時間含めて)を考えながら、どのくらいの金額を支払うことになるのかをチェックしてからお店に行くようにしてください。

安全なコール制延長がおすすめ

これもお店のシステムと関係してくるんですけど、延長方法も必ず確認しておきましょう。キャバクラは時間を延長すると、当たり前ですが、その分のお金がかかります。この延長には主に2つのシステムがあるんです。自動延長とコール制ですね。
自動延長はその名称通り、自動で延長されていきます。つまり、お客さんが「そろそろ帰ります、お会計してください」などと自発的に言わなければ閉店まで延々と延長されてしまうというシステム。
コール制は、事前にボーイさんなどにお願いをしておくと、「お時間ですけど、延長されますか?」などと言ってくれるシステムのこと。
コール制のお店を選んでおいた方が安心なのは間違いありません。お酒に飲まれない、強い意志を持っている、時間管理がしっかりできる、そんな自信を持っている人は自動延長システムのお店でもいいですが、一応事前に確認しお店を選ぶときの参考にすることをおすすめします。